ティピコによる不定期日記です(´ω`)            幻猫旅団所属               「ティピコ」(マスタ)、「テペオ」           刹那所属           「ティピア」


by gurupara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

懐かしい物を発見

こんばんわてぺこです。
最近部屋の片づけを少しずつしてるんですよ(´ω`)
理由は部屋にダニがいるようなので大掃除ですよ('A`)p
まぁ片づけしていると懐かしい物がでてきましたっ
懐かしい物とは、中学の時に同じ班だった男子と書いていたノートです。
その中身を紹介しちゃいますっ





~128~
「あかんでー。これ私のやでー。とったらあかんで~。お兄ちゃん」
妹が、僕のパンツを指さして言う。      完

~132~
「俺は絶対にオマエを嫁にやらんからな。」
と父は言う。
ゴメン父さん
明日結婚式なんですけど。。。   完

~135~
「火の用~心」カチカチ
僕は、そう言って待ちを歩いた。
家に帰った僕はビックリした。
「俺の家が・・・」
燃えている       完

~136~
「そうだ。お小遣いあげよう」
とおじさんが言った
「い、いいよ。小遣いなんて」
そんな言葉に耳をかさず
おじさんはポケットから12円だしてくれた     完

~138~
「すごーい。」4才になったばかりの弟は、父のバイクに乗って大喜び。
そしてバイクは勢いよく走って行った    完

~140~
もうすぐ母の誕生日。
母のために僕は自分の部屋でこっそり本棚を作っていた。
その時、母が僕の部屋のドアを叩いた。
「やべっ。」僕はあわてて、作りかけの本棚を机の下にかくし、カナヅチをティッシュの箱のに隠した。
母は、「なにコソコソしてるの?」
といって、そこにおいてあったティッシュ箱で僕の頭をコツンと叩いた。
母の声が遠のいた・・・     完

~141~
うちの大切な弟が誘拐された。
そして、犯人から電話がきた。
「沢田だ。弟を返して欲しかったら200万円用意しろ」
その日に犯人は捕まった。    完

~143~
ある日料理をしていた僕の頭にたなの上の小麦粉が落ちてきた。
それを見て爆笑していた母の頭の上に、棚の上のフライパンがおちた・・・・     完

~145~
「にらめっこしましょ。笑うと負けよアップップッ・・・・ハハハ。本当にお兄ちゃん強いね。」
と言う。
ハハハ。何もしてないよ。僕。    完

~155~
コケコッコーコケコッコー
毎朝父が起こしてくれます   完

~008~
「ヤクザの話し合いに親はいらねー。俺様がガツンと言ってやるぜ。聞いてろよ。いくぞコラァ。
ママー。パパー。二階にあがってこんといてくれる~?」     完

~015~
「最近のチョコには種が入っとるんやのぉ」
と言いながらアーモンドチョコを食べるひぃばあさん。   完


・・・・(´ω`)
当時はこれを見て笑ってました。
今では全然笑えません。
本当にありがとうございました。
[PR]
by gurupara | 2006-05-18 22:06